読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君には僕 ―思いのままにセブチを語るブログ―

SEVENTEEN(セブチ)について主観と偏見と思いこみと情熱のもとで語る

11/12 V LIVE「俺のヨンヒになってくれ 第3話」

セブチの V LIVE

公式ツイッターの日本語訳タイトルより、このタイトルの方が好きなので、こっちで。

ミンギュによる「ヨンヒ」が“またしても”行われました♪
f:id:kiminihaboku:20161113175506j:plain

私は、日本公式ツイの「ヨンヒの皆さん」に、しばらく笑い転げていました。
ヨンヒの皆さんって(笑)
見てた私もヨンヒですね(笑)

「俺のヨンヒになってくれ」の第一話はこちら。

www.vlive.tv

第二話はこちらとなっております。

www.vlive.tv

ちなみに「ヨンヒ」とは、韓国の『愛してる』というドラマに由来します。主人公が、チョルスとヨンヒ。
そして、マンセの歌詞に「まるでヨンヒがいないチョルスのように」って出てきます。

で。セブチたちは、「ヨンヒ」という彼女がいる想定で、カメラに向かって話しかける。それが「ヨンヒ」ごっこ。

そう、話しかけられているあなたがまさにセブチの「ヨンヒ」…!!

(笑)

私がセブチにはまる前のことなので良くは知らないのですが、第二話の「ヨンヒ」は、本当はメンバーが順番に一人ずつやっていく予定が、結局は最初のミンギュだけとなったみたいです。その30分間が相当つらかったらしく、ミンギュはメルボルンからのV LIVEで膝をついて訴えます。

www.vlive.tv

8分25秒あたりからどうぞ。

「내가! 혼자! 30 분!(俺が!1人で!30分!)」って、全身でその時のつらさを訴えてます(笑)

この流れがあって、デビュー500日おめでとうV LIVE です。スタッフが提案したゲームをして勝ったらもらえる商品候補の中に「V LIVEでヨンヒ1時間」があったんですね。そしてそれをやると言ったミンギュ。

そこからの!第3話!(ようやく今回の本題)

まずはミンギュのちょっとはにかんだ笑顔が迎えてくれます。

f:id:kiminihaboku:20161113182543j:plain
ヤバいですね(語彙力募集中)

コーヒーを作ってくれるそうです。さすがミンギュ。
f:id:kiminihaboku:20161113182733j:plain

プレゼントも用意してくれました。
f:id:kiminihaboku:20161113182804j:plain衝撃的なトイレットペーパー(笑)
これ、ちゃんと意味があるんですよ。「試験問題がするする解けますように」という。
他のプレゼントも、次の木曜に行われるスヌン(大学修学能力試験。韓国のセンター試験)がうまくいきますように、という意味のこもったものでした。

ヨンヒって高校3年生設定なんだー(遠い目)

途中、人影が見えて、カラオケの賞品として「ミンギュと一緒にヨンヒ」をゲットしたクプスとウォヌが来た!と思ったのですが、

f:id:kiminihaboku:20161113183212j:plain
来たのはジョシュアとジュンでした!ミンギュのほっとしたような、嬉しそうな顔ったら(笑)

そうこうして、30分弱で「ヨンヒ」終了~。
1時間やるんじゃなかったの?クプスとウォヌは???

って感じだったんですけど、次回に持越しかなと勝手に思っています!

見ていて結構恥ずかしいんですけど、でも、面白かったー。

あ、肝心の動画は、こちらです。

www.vlive.tv

f:id:kiminihaboku:20161113183553j:plain
近い。

f:id:kiminihaboku:20161113183611j:plain
めっちゃ近い(笑)