読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君には僕 ―思いのままにセブチを語るブログ―

SEVENTEEN(セブチ)について主観と偏見と思いこみと情熱のもとで語る

ホシを思いのままに紹介

SEVENTEENメンバー紹介

호시 HOSHI(ホシ)

f:id:kiminihaboku:20161001141119j:plain

まずは、公式サイトよりプロフィールを(所属以下は翻訳機頼りです)。

1996年6月15日生まれ
B型
所属:パフォーマンスチームのリーダー
特記事項:セブンティーンMC
特異点:10時10分エナジャイザー
注意:心臓をドキドキさせるネタバレ
イメージキーワード:セブンティーン振り付け創作担当、外剛内剛、リーダーシップ、チームの雰囲気守護天使

続いてWikipediaから。

本名 : クォン・スニョン (권순영)
出身地 : 京畿道 南揚州市
身長:177cm
パフォーマンスチームのリーダー
グループの振り付けを担当している
ツリ目のために10時10分というあだ名がある
彼女はCARAT(SEVENTEENのファン)
SHINeeの大ファンである

SHINeeファンであることは間違いないんですが、オニュペンというのは、オニュの公式グッズのうちわ(売り切れたレアものらしい)を持っていたのを目撃されたから…以外の出典がわからないので、本人談等の確証が欲しいところです。

耳から人をSEVENTEENにいざなうのがウジの役なら、目から人をいざなうのがホシの役です。
パフォーマンスチームのリーダーで、アッキンダ、マンセ、イエップダ、アジュナイス、の今までの活動曲の振り付けを担当、他の多くの曲の振り付けも担当しています。
13人というメンバー数を活かして、見栄えのある、物語性のある振り付けを考えるのがまだ若いメンバーと言うのが、本当にすごい。ホシはステージの前後左右、上も下も使ってパフォーマンスを作ります。
個人的に、ストーリー性や歌詞の意味に合った振りというのが大好きなので、アッキンダの「Baby, You're My Angel~♪」を見た時は、「本当に天使が飛んでるー!!」ってすごく度肝を抜かれたのです。飛び立つドギョムもそうなのですが、ドギョムを取り囲む他のメンバーの振りが、彼を天に向かわせている感じで。
イエップダのソファを使ったパフォーマンスも、計算つくされている感(そしてすごく練習したんだろうな感)に感動を覚えました。

【日本語字幕】アイドル24時 名品振付のヒミツ・・・SEVENTEENホシ、パフォーマンスノート公開
ホシが振り付けを考えているときに使っているノートがちょっと公開されます。導線が書いてあります。
ただ、アッキンダ前の、練習生時代に作った振りを見ると、かっこいい系の振りが多いので(曲もそうだったけど)一番作りやすいのは楽しいウィットにとんだ振りではなく、クールな振りつけかもしれません。

ウジと共に、仕事熱心なメンバーとして有名です。休憩時間にもよく練習しているとか。
汗かきというのも有名ですね。よくひとりでだらだら汗を流しています。

ダンスはもちろん上手です。でも、自分で振り作っているからなのか、ずっと前に出ていることはありません。アジュナイスでは、美味しいところはだいたいディノが持って行っていますが、正直、アジュナイスはディノのスタイルによく合っていたので正解だと思います。ホシは「ここぞ!」というときの見せ方がひと際うまい子だなあという印象です。

[4K] 160731 샤다콘 다크콘 'Rising Sun' Full Focus
この最後は鳥肌立ちました。何度見てもホシに目が行ってしまいます(笑)

パフォーマンスの要のホシですが、歌もうまいです。ボーカルチーム以外ではホシが一番早くレコーディングが終わるとウジが話しています。
実際、ボーカルがホシから始まる曲は多い気がします。ヒップホップチームの曲である「表情管理」は、まさにホシのボーカルから始まります。

[5DUCKS] 세븐틴 쇼케이스 - 표정관리 / SEVENTEEN Showcase Fronting

メンバーの中では、賑やかし「ブソクスン」のうちの一人でムードメーカーです。
「13人が一緒だからこそ輝ける」というグループ思いの子。振り付けも13人全員それぞれにスポットライトがあたる時があるように作られています。振り付けそのものと合わせてくるくる入れ替わる13人のフォーメーションを常に考えているでしょうから、グループ全体のことをいつも考えているんでしょうね。
アンドロメダ放送ではスングァンとともにMCもやっています。個人的には、ドギョムと突発的に始める「コント」が大好きです(笑)

普段はニコニコかわいらしい感じなのに(あだ名はハムスター)ステージで踊るとクールでかっこいいというギャップがまたたまりません。f:id:kiminihaboku:20161008221824j:plain

ホシという芸名は、「虎視眈々」から来ているそうです。日本語の「星」からという説もネット上ではいっぱい流れていますが、日本語の「星」については後で知ったとのことなので、「虎視眈々」由来というのが正しいです。

日本では、ホシの他、本名のスニョンと呼ばれることが多いです。